平曲とは

平曲とは、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり……」で始まる「平家物語」を、琵琶の音とともに語る伝統芸能です。小泉八雲の描いた「耳なし芳一」は、琵琶法師の芳一が平家の怨霊に耳を削がれる怪談で有名です。琵琶法師は平家の盛衰を語る「平家物語」より以前、平安時代から盲人で出家者・僧侶で、琵琶を弾いてさまざまなお話しや念仏を歌うように語り聞かせる芸能の人々でした。鎌倉時代から江戸時代まで、この盲人の琵琶法師が「平家物語」を語り歩き、耳で聞く文芸、音楽的な芸能として人々に親しまれ、広く受け入れられてきました。この「平家物語」を語る伝統芸能を、伝承者たちは「平家」と呼び、近世以降、武士や文人の間では「平曲」と呼ぶようになりました。

平曲の歴史

intoro_biwa平曲の始まりは鎌倉初期までさかのぼります。藤原行長が延暦寺に遁世して平家一門の物語を綴り、盲目の僧、生仏(しょうぶつ)に天台声明*の音節に似せて語らせたのが始まりとする伝承があります。(『徒然草』 『平家勘文録』『当道要抄』)<画像>平家琵琶*
平曲が現在に近い形へと完成されたのは南北朝期、明石検校覚一の時代、その頃に隆盛を迎えました。時の朝廷から京に職屋敷を賜り、公家社会の保護もあって、当道*という座の制度が整えられ、平曲を表芸*とする盲人全体の組織となりました。
江戸期に至ると平曲は将軍家の法要で語られるなど、武家社会の保護を受けて大いに栄えました。元禄時代には、将軍から江戸に惣録屋敷を賜り、平曲の名手が次々と下向し、江戸の武士や文人に愛好家が増え、平曲は全国的に広がります。
しかし、やがて平曲伝承にも危機が訪れました。三弦(三味線)や鍼が盛んになると、演奏機会の少ない平曲を捨て、三弦や鍼のみに走る盲人も現れました。この時、前田流と波多野流、両流の奥義を極めて平曲を伝承し、後継者を育成して平曲の危機を救った人物が荻野検校知一で、「平家中興の祖」と呼ばれるようになりました。荻野検校は伝承の乱れを正すため、『平家正節』(へいけまぶし)を編纂しました。今日に伝わる平曲はすべて『平家正節』の流れを汲むものと言えます。

*声明(しょうみょう):仏典に節をつけた仏教音楽のひとつ。法会などの儀礼に用いられる。天台・真言両宗を中心に伝承され、後世の芸能に影響を与えた。
*当道:朝廷、幕府の公認の座で盲人が組織した職能団体。盲人の官位をつかさどり、琵琶・三弦・箏(そう)・鍼灸(しんきゅう)などの職業を専有し、これらを継承・発展させた。
*表芸(おもてげい):芸能者が演奏するなかでも、代表的で最も重要な芸能のこと。
*平家琵琶:鎌倉時代初期に成立。平家物語を語るための琵琶。4弦5柱、楽琵琶より小型である。

荻野検校 知一(おぎのけんぎょう ちいち)

intoro_ogino享保17年(1732)、広島に生まれました。名を業知といい、6歳の時に失明、吉益東洞に医学を学び鍼医を志しました。しかし、勾当に昇進した頃には一方流の名乗りに倣い一を付け、知一と改めています。宝暦3年(1753)22歳の時、総検校の要請を受けて前田流平曲を習い、さらに波多野流を極めて明和2年(1765)34歳で検校に昇進し、京で名声を博します。明和8年(1771)40歳の時には、尾張9代藩主徳川宗睦(むねちか)公の要請に応えて名古屋に移り、整譜事業を開始。宗睦公の近侍や学者の協力を得て、安永5年(1776)に『平家正節』全39册を完成させました。その後、京には戻らず、一人娘の嫁ぎ先、尾﨑家に寄寓して晩年を過ごし、享和元年(1801)70歳で世を去りました。現在の尾﨑家の当主は荻野検校の娘婿から七代目にあたります。

<画像>荻野検校肖像画 絵:法橋有景 尾﨑正忠氏蔵

『平家正節』編纂

intoro_moji丹羽敬忠*の序文によれば、『平家正節』編纂の趣旨は、流布された平曲の詞章の乱れや曲節の誤りを正すことにありました。
詞章や曲節の吟味はもちろん、発音やアクセントに関する注記方法や墨譜*の記号化にも独自の工夫がなされています。そして最も重要な特徴は、「平家物語」の章段を解体して巻通*に配列したことにあります。「平家物語」の全巻、最初の句から最終句まで全199句を通して語ることを「一部平家」と言いますが、その簡略的な構成となるように意図されているものと思われます。さらに、平物*から伝授物*である「揃物」・「五句物」・「炎上(物)」・「読物」上下・「灌頂巻」、「小秘事」などを別立てにしていることから、稽古順序を基本に配列したものと考えられます。『平家正節』編纂の事業は、荻野検校が明和8年に来名してから安永5年に完成するまでの5年間を要しました。この事業には、尾張9代藩主宗睦公の大きな支援がありました。編纂事業に係わったのは、宗睦公の近侍や儒学者を中心にした多くの門弟達でした。

*丹羽敬忠(にわけいちゅう):尾張藩士、『平家正節』右筆頭(ゆうひつがしら、筆録責任者)、儒学者松平君山(くんざん)門弟
*墨譜(ぼくふ):声の強弱や高低、長短、節回しなどを示す記号のこと。節博士(ふしはかせ)ともいう。
*巻通(まきとおし):『平家物語』全12巻の各巻より1句(章段)ずつを取り出して1巻となし、合わせて10巻(上巻・下巻があり合計20冊)に構成したもの。法要等の奉納演奏において数句の平曲を選んで句組をする際に、巻通で章句を選ぶことが多かった。
*平物(ひらもの):『平家正節』一巻から十五巻までを平物と呼ぶ。
*伝授物(でんじゅぶつ):「揃物」・「五句物」・「炎上(物)」・「読物」上下・「灌頂巻」をさす。これとは別に「秘事」である「小秘事」・「大秘事」は口伝に限る物と思われる。

尾﨑家本『平家正節』

intoro_book<画像>尾﨑家本『平家正節』全39冊
荻野検校の寄寓先である尾﨑家に残された『平家正節』は全39冊*で、大秘事を欠きます。その内の「間の物」と「小秘事」を除く37冊の表紙裏には「荻野知一」の朱印が押されています。荻野検校が手元において使用したものと思われますから、『平家正節』の祖本と呼ぶべきものです。
平曲を習う門弟は、この『平家正節』を一句ずつ書き写して練習したことでしょう。めくりの手垢や墨の汚れが随所に残っていて、多くの門弟によって書写が繰り返されたことを伺わせます。それらは写本として伝わり、全国に拡がっていきました。
なお、尾﨑家には『平家正節』全39冊の他に、その原稿本と思われるものや写本など数冊が保存されています。また、それとは別に「柱経」*「平家勘文録・当道要抄」*なども残されています。

*『平家正節』には平物と呼ばれる一巻から十五巻の各上下の他、首巻にあたる「附録」、伝授物である「揃物」・「五句物」・「炎上(物)」・「読物」上下・「灌頂巻」と、「間之物」・「小秘事」の合計39冊全199句がある。(尾﨑家本では「大秘事」を欠く、「大秘事」には3句「宗論」「剣之巻」「鏡之巻」があり199句に含まれる)
「揃物」は源氏揃、公家揃など合戦などが始まる高揚感が表現される章段で5句。
「五句物」は秘事に準ずる特別な章段で5句。
「炎上物」は奈良炎上など大切な寺院などが焼かれるという重い内容の章段が5句。
「読み物」上下は手紙、宣旨、願書など文章を語る章段で上巻が6句、下巻が7句。
「灌頂巻」は「秘事」を除き、最後に習う句。内容的にも結びのもので5句。
「間之物」はこれまでの各句に入れなかった章段の初部や終部などの一部分が集められている。
*「柱経」(じゅうきょう):平曲の前奏や間奏などに使われる平家琵琶の柱や絃の調整法などを記した書物。
*「平家勘文録・当道要抄」(へいけかんもんろく・とうどうようしょう):当道に伝わる平曲の歴史・記録を記した書物。

『平家正節』の伝承

『平家正節』の完成は評判になり、京の留守を守った前田流の高弟の多くは、名古屋と京を往復して『平家正節』の習得に励みましたので、江戸後期の前田流平曲は『平家正節』へと変わっていきました。
今日まで残っている平曲は、名古屋の盲人伝承と津軽藩士が伝えた伝承に限られますが、この二つの平曲はいずれも『平家正節』を語り、その芸脈は共に荻野検校に遡ることができます。

当道系平曲

明治4年に当道が廃絶したことで、盲人伝承による平曲は急速に衰退してしまいました。しかし、名古屋では荻野検校直系の門弟達が『平家正節』を受け継いだため、盲人伝承が僅かに残りました。その伝承に大きな役割を果たしたのは、箏曲「千鳥の曲」の作曲者として有名な吉澤検校審一です。
吉澤検校は、荻野検校の直弟子である中村検校に平曲を学び、箏曲を光崎検校に学びました。そして、古典復古主義に傾倒し、 箏曲の習得には平曲を併習することが必要であると主張しました。その吉澤検校の弟子の小松検校は当道廃絶後、盲人音楽家の養成を図って名古屋に国風音楽講習所を立ち上げ、勾当・検校などの官制を設けて平曲の併習を義務づけて伝承を守りました。その伝統は今日の国風音楽会へと繋がりますが、今日ではその伝承者は僅かに今井検校一人という状況です。

津軽系平曲

天保年間(天保3(1832)年と天保5(1835)年の2度)、江戸の惣録麻岡検校は『平家正節』を取り入れるため上京し、荻野検校の直弟子中村検校の教えを受けて、これを江戸に広めました。津軽藩の藩士楠美太素(くすみたいそ)は藩主の供をして麻岡検校から『平家正節』を学び、奥義を究めたといいます。この『平家正節』は、父子相伝によって今日に伝えられています。『平家音楽史』の著者、館山漸之進(たてやまぜんのしん)や、その末子で国の無形文化財に指定された館山甲午(こうご)は楠美太素の子孫です。