11月1日(日) 今井検校の琵琶で聞く「平家物語」

今井検校の琵琶で聞く「平家物語」

平安時代末期、栄華を極めた平家は盛者必衰の理のごとく滅亡しました。
「平家物語」は、平家の栄華と没落を描いた軍記物語の文学作品として読まれていますが、もとをたどれば、盲僧によって琵琶の伴奏とともに語り広められた語り芸能です。この語り物音楽を「平曲」と呼んでいます。
名古屋において継承されてきた最後の盲人伝承者今井検校による「平家物語」の語り物の本来の姿をご観賞ください。

古典の日2015
平成27年 11月1日(日)
会場/徳川園ガーデンホール
参加費/無料(徳川園入園料が別途必要)

■内容
• 平曲「祇園精舎」
• 平曲「奈須与一」
国風音楽会会長 今井検校勉
司会と解説:名古屋女子大学教授 林 和利
午後2時〜3時(午後1時30分開場)

■定 員120名(申込み多数の場合は抽選)
■締め切り10月17日(土)必着

■申込方法
往復はがきに、氏名・住所・参加人数(1枚に2人まで)を明記の上、名古屋市蓬左文庫にお送りください。
なお、未就学児の入場はご遠慮ください。

申込およびお問い合わせ先
名古屋市蓬左文庫
〒461ー0023 名古屋市東区徳川町1001
電 話 052ー935ー2173
FAX 052ー935ー2174

主催 名古屋文化遺産活用実行委員会 名古屋市蓬左文庫
共催 一般社団法人荻野検校顕彰会 徳川美術館

当サイトでは会員専用のコンテンツがあります。当会員の方はログインをしてください。
新規登録をご希望の方は、会員登録をお願いします。

ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規会員登録
*必須項目